【リコール】BMW X3 など1万6000台、チャイルドシート固定用ブラケットに亀裂

BMW X3 チャイルドシート

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は10月17日、BMW『X3』などのISOFIXチャイルドシート固定用ブラケットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『X3 xDrive 20i』『X3 xDrive 28i』『X3 xDrive 20d』『X3 xDrive 35i』『X4 xDrive 28i』『X4 xDrive 35i』『X4 M40i』の7車種で、2010年11月9日~2016年4月15日に製造された1万6290台。

ISOFIXチャイルドシートを固定する車両側ブラケットの耐久性が不足しているため、チャイルドシートを装着して走行した際の荷重が固定ブラケットに繰り返し加わると、金属疲労によって固定ブラケットに亀裂が入ることがある。そのままの状態で使用を続けると、固定ブラケットが破損し、チャイルドシートが固定できず、最悪の場合、チャイルドシートが外れるおそれがある。

改善措置として、全車両、固定ブラケットを点検し、破損しているものは、アッパートランククロスメンバーを対策品に交換する。また、破損のないものは、補強プレートを取り付ける。

不具合および事故は発生していない。本国からの情報により発見した。

レスポンスより

Sponsored Link


子育て支援タクシーを知っていますか?

子育て支援タクシー
「子育て支援タクシー」なるものが運行されているのを御存知でしょうか? 全国子育て支援タクシー協会主催の養成講座課程を修了したドライバーが対応してくれるタクシーです。概ね0~15歳の子どもとその保護者を対象としたサービスで、誰もが経験したことのある「ちょっとの困った」に柔軟に対応してくれるシステムとなっています。

コースの一例

■こうのとりコース

これは出産を控えた妊婦さんに嬉しいサービス。いざ陣痛が起きた時には迅速かつ安全に、タクシーが産院まで運んでくれるというシステム。

■かんがるーコース

通院や検診、幼稚園の送迎や買い物、ちょっとした外出にも気軽に利用出来るコースです。どうしても荷物が多くなる子連れの外出をサポートしてくれるサービスです。

■ひよこコース

通園、通学、通塾などのお手伝いをするサービスです。事前に保護者としっかり打ち合わせをし、必要な時に子どもの移動をタクシーで行ないます。急な残業で子どものお迎えが間に合わないといった時でも、タクシー会社に電話1本入れるだけ。

送迎先には担当ドライバーが行くことを予め連絡し、指定された場所まで子どもの送迎をしてくれます。共働きが当たり前になった現代では、ニーズの高いサービスとなっています。救急車を呼ぶほどではないものの、夜間診療を行なっている急患センターには行った方がいいかも…。そんな状態の時に対応してくれるのが、この「ふくろうコース」。

車内での子どもの嘔吐等に備え、エチケット袋なども用意してくれているので安心です。突然の出来事により、止むを得ず子どものみを移動させる場合にも対応しています。

料金の一例

■東京都「日の丸タクシー」の場合

「かんがるーコース」、「ひよこコース」、「ふくろうコース」は時間制運賃を導入。最初の1時間:4,650円(子育てタクシー乗務員指定、チャイルドシート・ジュニアシート利用)、以降30分ごとに2110円が加算されます。

「こうのとりコース」は子育てタクシー乗務員指定の場合であれば上記と同じ料金、一般乗務員の対応で良ければ、迎車料金310円と初乗り運賃730円を足した1040円からのメーター運賃となります。

■神奈川県「サンタクシー」の場合

「かんがるーコース」、「ふくろうコース」迎車料金310円+走行料金、チャイルドシート1,000円(要予約)、「ひよこコース」(4歳以上)。最初の1時間4450円(チャイルドシート無料)、以降30分ごとに2010円が加算されます。

子育て支援タクシーを利用する際には、必ず事前登録が必要となっています。料金は各タクシー会社で異なります。子育て支援タクシーでも、通常の走行料金と全く同じ金額で対応している会社もあります。

全国子育て支援タクシー協会

これらの地域は一例ですが、それ以外の地域でも、お近くのタクシー会社のHP(全国子育て支援タクシー協会)などから確認できます。概ね地方のおじいちゃん、おばちゃん、と同居が多い地方は対応しておりませんが、都心部の同居が少ない地方は対応しております。

Sponsored Link


コンビよりママロン エッグショック CFが2月上旬に新発売

ママロン エッグショック CF

従来より発売中のママロンCD(軽量シンプル設計で新生児から7才頃までず~っと使えるロングユースチャイルドシート )のハイグレードモデルとして、インナークッションにエッグショックを搭載したママロン エッグショック CFが新登場します。

エッグショックは、乗車中の振動やもしもの衝撃から新生児期の“やわらかい頭”を守ります。さらに『エッグショック』自体に通気性があり、丸洗いもできるので、汗ばむ季節も快適に使えます。

この製品を待っていた人は多いのではないでしょうか?

ロングユースとしてはマルゴットエッグショックBEが発売していますが、2014年モデルでした。今回のママロンは新設計で価格も若干安くなっていますので、お買い得感があります。

【製品仕様】
■製品名 : ママロン エッグショック CF
■カラー : ブリリアントブラック(BK)
■価格 : 34,000円(+税)
■適応体重 : 25kg以下(参考:新生児?7才頃まで)
■サイズ : (後向き時)W480×D761×H537mm (前向き時)W480×D572×H644mm
■本体重量 : 5.3kg
■安全基準 : UN R44/04 適合品
■URL : http://www.combi.co.jp/products/carseat/mamalon/

Sponsored Link


チャイルドシート『EveryStage』1月下旬に発売開始!

チャイルドシート『EveryStage』1月下旬に発売開始! 0歳から12歳頃までのこどもの成長に合わせて10段階に形が変化

everystage

イギリス生まれのベビー用品ブランド「Joie」より、こどもの成長に合わせて10段階に形が変化し、新生児から12歳頃まで使用可能な世界初のチャイルドシート『EveryStage』(エブリステージ)を1月下旬に新発売になります。

everystage

everystage

一番の特徴は子供の年齢に応じて大きさが調整ができるので、買い替える必要がない事です。カトージが発売元になり、ここはベビーベッド、ベビーチェア、バウンサーなどの製造販売を行っています。「hugme」を始めとする自社ブランドの製造販売、「Joie」や「nuna」「Peg-Perego」などの海外ベビーブランドの正規販売代理店として日本での販売を行っています。

この商品は世界初ということで購入前に実物を見たいと思うのですが、カトージ直営店(ラ・フェンテ代官山、モザイクモール港北、芦屋)に行かないと確認できません。ちょっと不便ですね。

近くにお店が無いからネットで購入して確認してから返品しよう!と思った時のために返品条件を確認すると、「到着から8日以上経過した商品は、返品・交換の対応をお受けいたしかねますのでご注意ください。」とあり、「イメージと違う」、「注文を間違えた」等、お客さま都合による返品の場合は、未使用品に限りOKと条件があるので、組み立てて車に試しに取付けした場合は返品NGとなります。

チャイルドシートはイメージと実物では差がある場合が多々あります。やはり実物を見て買いたい。。。

Sponsored Link


チャイルドシートの選び方 買う前に要チェック!

チャイルドシート選びを失敗しないためにも買う前に最低でも次の内容は必ずチェック!


1、安全基準が変わり完全義務化になっています!
2012年7月から新安全基準に変わり、安全面の性能が強化されています。ISOFIXタイプのような新安全基準に適合しているチャイルドシートを選びましょう。通販では必ずチェックしないとダメよ!

2、マイカーとの相性は大丈夫かな?
チャイルドシートって全てのマイカーには取り付けできません。例え取り付け出来ても緩かったりしたら全くダメなんです。恋愛と同じく相性があります!いくら良いものを買ってもクルマにしっかり取り付けられなければ元も子もない!各メーカーのホームページの適合表でチェックしましょう!!自動車によってはISOFIXタイプに適合していないから、必ずマイカーを確認!!

3、マイカーへの取り付けは大丈夫かな?
チャイルドシートは正しく取り付けられて初めて安全が守られます。従来タイプでシートベルトを使って固定するタイプですと取り付けが難しく、緩んでしまう場合もあります。不安になったら買ったお店に聞きましょう!!

4、赤ちゃんの成長に合ったチャイルドシートを選ぼう!
チャイルドシートには赤ちゃんの成長に合わせて、新生児・乳児用、幼児用、ジュニア用、から選びましょう!赤ちゃんの成長に合わせ、安全のためにもチャイルドシートはこまめに取り替えましょう!!

中古品と並行輸入品の購入には注意せよ!

中古品のチャイルドシートや海外メーカー(GRACO、RECARO、Romer、evenflo、MAXI-COSI、Ferrari)を購入する場合には更に注意が必要になっちゃいます。



中古品をネットオークションやリサイクルショップで購入する場合には付属品た取扱説明書が揃っているかチェック!海外メーカーを購入する場合には正規輸入品と並行輸入品があって、どちらも商品自体は同じだし、正規品より安いし、正規品には無いカラーがあるし、日本のチャイルドシートの安全基準は欧州の「ECE R 44/04」をそのまま採用しているし、って事で並行輸入品を買いたくなりますが、製品保証やリコール発生時の対応に不安が残りますので、正規品をお勧めします。どうしても・・・っていう場合は自己責任で!!


Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ